HOME | 診療内容

SERVICE

診療科のご案内

低被ばく型最新レントゲンフラットパネル導入致しました。従来の装置から半分の被ばくで検査可能です。
新型コロナウイルス感染拡大予防のためオンライン診療を受け付けます。
ご希望の方はホームページのお問い合わせボタンからお問い合わせください。

手を取り合うあう優しい画像

 
整形外科の診療中の画像

1|一般整形外科

捻挫、打撲、脱臼、切り傷、やけど、腰痛、ヘルニア。あらゆる症状を、幅広く診ることを基本としております。痛みや動きでお困りの方、ぜひご相談ください。病気によって治療法は一種類ではなく、仕事内容・スポーツ・動きのレベルによって異なります。一人ひとりにあった治療法を見つけ出し治療することをモットーとしております。難治性な痛みもよく話を聞き原因を考えます。もちろん外傷・交通事故、労働災害の治療も行なっております。なるべく手術ならずに治す骨折治療を考えます。ばね指手術は小切開低侵襲法で行なっております。日帰り手術で、術後に抜糸のいらない痛みの少ない治療法です。

痛みの少ない爪手術/陥入爪、シューフイッティングも行っております。
お気軽にご相談ください。
 
ペインクリニックのイメージ画像

2|ペインクリニック科

痛みでお困りの方、いろいろな治療方法で改善がない方、腰痛の専門的治療を受けたい方、神経痛、ひざの痛み、帯状疱疹治療、帯状疱疹後神経痛、ぎっくり腰、ブロック注射・トリガーポイント注射を受けたい方、鎮痛薬の変更を考えたい方、他院での治療で改善のない方などご相談ください。
ペインクリニック科の医師が治療にあたります。帯状疱疹後神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、痛風発作、原因不明の神経痛。


 
漢方のイメージ画像

3|漢方、一般内科

各種漢方扱っております。自律神経障害、腱鞘炎治療、花粉症、尿の障害、更年期障害、冷え、めまい、食欲不振、便秘など内科疾患も治療しております。かぜの初期症状・予防、疲労・倦怠感・体力減退など様々な症状に対応しております。自覚症状のわかりづらい症状を漢方チェックシートを用いて診察を行なっております。伝えづらい症状もぜひご相談ください。花粉症の免疫舌下療法も行なっております。


 
リハビリテーションのイメージ画像

4|スポーツ整形・小児こども整形・リハビリテーション

当院はリハビリテーション、スポーツ整形外科に特に力をいれております。
整形外科は運動器に関連した痛みが多く存在します。
日常生活・仕事での身体の使い方指導、スポーツ外傷の回復リハビリ、スポーツ外傷予防プログラム指導行なっております。怪我をしてから時間は経っているが痛みが取れず回復しない方にも指導を行なっております。40肩・50肩、スポーツ障害、足底板作成します。ひざの痛み、PRP療法、こどもの障害・小児整形外科(側湾症・先天性股関節脱臼・ペルテス病・歩行障害・肘内障・けが・骨折)O脚、内股(うちまた)も相談ください。やけども診察可能です。
小児運動器疾患管理医師


 

関節リウマチ 関節痛

5|関節リウマチ
     関節痛

 
関節リウマチ・関節炎で治療中の方、関節リウマチが心配で検査を受けたい方。原因不明のひざ・股関節痛の方。
一度ご相談ください。


 
 
 

足の外科、シューフィッティング

6|足の外科、シューフィッティング

足のさまざな痛みを治療します。立ち仕事で困っている方、スポーツ足の痛みがある方にいい方法があります。足の痛みでお困りの方は中敷の外せるくつをお持ちください。シューフィット行います。くつのご相談も行なっております。痛みの少ない巻き爪の治療も行っております。外反母趾、扁平足、浮き指、足底腱膜炎、靱帯炎、モートン病。お気軽にご相談ください。


骨密度検査

7|骨粗鬆症

骨粗鬆症で治療中の方、骨密度検査を受けられたことのない方、ご相談ください。X線骨密度測定装置の新製品 日立「ALOKA ALPHYS A」を導入いたしました。検査費用は3割負担の方は420円、1割負担の方は140円となります。ご希望の方は、受付にお声かけお願いいたします。


 
予防接種の写真

8|予防接種

市の助成による風疹(風しん)第5期定期接種の抗体検査 及び 予防接種はR1.7.1(月)から開始しました。B型C型肝炎検査もしております。インフルエンザワクチン・高齢者肺炎球菌ワクチン(助成券使用可)もご相談ください。

クーポン券のある方は、令和3年(2021年)3月まで使用可能です。

 
 


 

骨密度検査

9|再生医療
PRP療法
(多血小板血漿治療)
APS療法
(自己タンパク溶液療法)

ひざ関節の痛みを治す、次世代の治療
靭帯・関節症の関節内では、軟骨の破壊成分を作り出す炎症性サイトカインという悪いタンパク質の働きが活発になっていますが、私達の体の中
にはこの働きを抑える良いタンパク質も存在しています。
PRP・APSは、患者さんご自身の血液から炎症を抑える良いタンパク質と軟骨の健康を守る成長因子を高濃度抽出したものです。APSは血液からPRPを分離し特別な加工を加えることで、関節症の治療に有効な成分を高濃度に抽出するため、次世代PRP とも言われます。
 再生医療PRP APS
 

 

診察時間のご案内

診察時間
整形外科-院長
漢方・ばね指・足の外科
○/△ ○/△
整形外科-副院長
ペインクリニック・関節リウマチ

 休診日 木曜・日曜日・祝日

午前9:00~12:30 
午後15:00~18:30 
 

土曜日

午前9:00~12:15
午後14:00~15:30
 

~~初診の方へ~~

初診の方は午前は12時まで、
午後は18時まで(土曜は15時まで) にお越しください。